この記事には広告が含まれています。

性癖

【もう聞けない】処女とのセックス!出血させずに気持ちよくする方法

2023-01-09

 

パートナーが処女でどうしたらいいかわからない。。。

痛みなく気持ちよくさせてあげたい!

何をどう気をつければいいかわからない。。。

そもそも処女膜って本当に膜のようにあるの?

パートナーが処女って言ってたけど、処女膜がなかったような?

 

自己紹介

おれはデブ、ブス、ハゲ三拍子そろった40代のキモメンゴリラ。 でもな同級生とは20代で3人,30代で6人,40代で2人エッチした経験あるぞ! きもくてもいけるんだよww こんなキモメンでも最高な人生を送ってるのさ。 みんなオレのマネをしろ!

処女の女性とセックスするとき、どうしたらいいかわからなくなるひと、いらっしゃいませんか?

どこをどういう風に責めると気持ちよくなるのか知りたいひともいるはずです。

処女とするときには、他の女性とセックスするときよりいくつか気をつけることがあります。

また、処女膜がよくわかっていない男性も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

出会い系ゴリラ
そのお悩みしっかりと解決するぜ!

 

結論として、処女とセックスするときは、濡らすこと、慣らすこと、緊張をほぐしてあげることが何よりも重要です。

 

なぜなら、緊張したままだと濡れにくくなり、濡れていないまま、慣らさずにそのまま挿入してしまうと、女性のヒダがすれて傷がつき、想像を絶する痛みと出血を伴うからです。

 

 

それでは、処女のパートナーを傷つけることなく、出血させずに気持ちよくさせてあげる方法を、しっかりとわかりやすく解説していきます!

 

処女膜って本当にあるの?

 

処女に処女膜がついているのは、何となくわかるという男性が多いと思います。

でも、女性のおまんこを見てもどこが処女膜なのかわかるかたは、少ないのではないでしょうか?

 

よく勘違いされるのは、処女膜が膜のように、つまり完全に壁のように張られていると思っている男性が数多くいらっしゃいます。

しかし、膣の入り口にあるやわらかい粘膜のヒダのことです。実際は処女膜は完全に覆われているのではなく、中央部に小さな穴が開いています。

 

生理のときは、子宮から膣を通ってここの穴から血などが出ます。

セックスの時に出血するのは、処女膜のヒダの粘膜を傷つけることによって起こります。

 

女性には処女膜がついていますが、運動やタンポンの使用、オナニーの刺激などで、破れてしまっているかたもいます。

 

注意ポイント

どれだけ濡らしても指1本ですら挿入が難しいとき、処女膜が分厚い、硬いといった処女膜強靭症の可能性があります。

そのまま無理やりセックスすると痛いうえに出血も多くなります。

その際はセックスする前に産婦人科をすすめてあげましょう。

 

処女とセックスする前に気をつけること

 

処女の女性は、セックス=出血するし痛いと確実に思っています。

つまり、かなりの恐怖を抱いています。

 

おまんこは自分からは見えません。

普段排尿や生理以外で気にしたことがない部分を、見られて触られるのは恥ずかしいはずです。

オナニーをしたことがない女性は、あまり触ったこともなくて怖いと思っているひともいます。

 

せっかくリラックスさせてその気にさせることができて、気持ちよく感じて濡れてくれても、手マンや入れるときに痛みを感じたり、出血してしまえば、そこからは恐怖でトラウマになりかねません。

 

そのトラウマを生み出さないために、男性が配慮できることがあります。

 

ポイント

・爪を切って整える

・フェラなどはさせない

・照明は少し落とす

・ゴムはジェルやゼリー多めのもの、ローションの使用

・最後までできないことも頭にいれておく

 

1つずつ解説します。

 

爪を切って整えておく

爪はやや深爪になりそうなぐらいまで切りましょう。

なぜなら、処女膜だけでなく、膣まで傷つける可能性があるからです。

傷がついてしまうと、出血だけでなくそこから細菌が入って感染症のリスクも伴います。

 

事前に爪を切って整えておきましょう。

 

フェラなどはさせない

フェラなどはさせないようにしましょう。

 

なぜなら、こんな大きなモノが自分の中に入るのかと恐怖を増幅させてしまいます。

処女は勃起したモノを初めて見るひとがほとんどです。

フェラをしてもらおうとすると、勃起したモノが目の前に見えることにより、緊張が恐怖に変わります。

グロテスクなイメージがついてしまい、セックスどころかすべての行為を怖がるようになってしまいます。

 

セックスがしっかり最後まで気持ちよくできるようになって、パートナーが慣れて心や体に余裕が出たら教えてあげましょう。

 

照明は少し落とす

照明は少し落としてあげましょう。

 

なぜなら、照明を少し落とすことで緊張を和らげることができるからです。

処女の女性は、異性の前で服を脱ぐことに慣れていません。

恥ずかしいと思う人がほとんどです。

 

また、自分が脱いで裸を見られて、幻滅されないかという不安も抱えています。

そこから緊張してガチガチに固まってしまい、そのあとに進めないこともあり得ます。

 

少しでも緊張をやわらげるために、照明を常夜灯のみなどに落としてあげましょう。

 

ゴムはジェルやゼリー多めのもの、ローションの使用

ゴムはジェルやゼリー多めのもの、ローションも使用しましょう。

 

なぜなら、どれだけクンニして舐めたり手マンができても、緊張していたりすると濡れにくくなってしまう場合があるからです。

 

濡れていないままだと、いくら処女膜が薄くてやわらかくても、傷ついて痛みがでて出血してしまいます。

 

濡らすことは絶対条件です。滑りを補助するために、ゴムはジェルやゼリー多めのもの、ローションもしっかり準備しましょう。

 

最後までできないことも頭にいれておく

最後までできない、つまり挿入までいかないこともあるということを頭に入れておきましょう。

 

なぜなら、処女膜がすれるのが痛すぎたり、処女膜強靭症や、膣が小さい、モノが大きい、

パートナーが精神的・肉体的に耐えられず泣いてしまうなどで、やむを得ず中止しないといけない状況になる可能性があるからです。

 

中止になったとしても、パートナーやあなた自身を責めてはいけません。

女性は男性に対して、射精まで至らなかったことに罪悪感を感じます。

 

「ここまでできたね。よくがんばってくれてありがとう。俺も気持ちよかったよ」

 

と女性を安心させてあげましょう。

 

 

 

いつもより多めのスキンシップを。お互いに無理しない

 

いつも一緒にいるときより、多めのスキンシップを心がけましょう。

お互いに無理をしないことも大切な要素です。

 

セックスは二人で愛を確かめ合うもの。

また、セックスは二人で気持ちよくなるもの。

 

女性だけが痛みや出血を我慢して最後までセックスするのもおかしいです。

男性だけが女性に奉仕するあまり、本来の快感を我慢するのもおかしいです。

 

お互いに最後までリラックスして幸せで、気持ちいい思い出に残る初体験にするために、たくさんのキスやハグは大切です。

抱きしめ合って、キスをして、たくさん言葉を交わしましょう。

 

「好きだ」

「愛してる」

「初めての体を俺に許してくれてありがとう」

 

この3つをしっかり伝えてあげましょう。

 

決定版
セフレも金も欲しい!女性におすすめな優良マッチングアプリ10選!

続きを見る

 

 

あなたもパートナーも緊張している

 

初体験は女性だけでなく、男性にとっても1大イベントですよね。

 

出会い系ゴリラ
わかるぜ!好きな女の処女をもらうわけだから、

ワクワクドキドキするよな!

 

それに加えて不安や緊張もあるはずですね。

 

不安や緊張が度を越えて恐怖になることもあります。

その不安や緊張を丁寧に取り除いてあげないとセックスは成功しません。

 

なぜなら、何度も書きますが女性は痛みと出血の恐怖と戦っています。

お互いに不安を残したままだったり緊張したままだと、落ち着いていれば成功していたかもしれないのに、緊張して焦るあまり無理をさせてしまうことになるかも知れません。

 

その結果、無理してセックスして出血してトラウマになってしまいます。

 

緊張をほぐしてリラックスしてセックスするために、できることがあります。

 

ポイント

・ラブホはなるべく使わない

・急に押し倒すのではなく、添い寝の状態からハグする

・マッサージする

・リラックスできる音楽やアロマ

・しがみつけるものをおいてあげる

 

こちらも1つずつ解説します!

 

ポイント

ラブホはなるべく使わない

ラブホはなるべく使わないようにしましょう。

パートナーが普段から安心して過ごせる自宅がオススメです!

 

なぜなら、少しでもリラックスできる材料が多いからです。

 

セックスするのにラブホを使うなってどういうこと!?という声が聞こえてきそうです。

わかります。矛盾しているように思えますよね。

 

先程も書きましたが、初体験の女性は、セックス=痛いし出血するという固定観念ができあがっています。

今からどれだけの痛みがあるのか、出血はどの程度なのか、怖くてたまらないはずです。

 

その状態でセックスだけが目的のラブホを使ってしまうと極度に緊張して恐怖を感じてしまいます。

恐怖で泣き出す子もいますし、最後までできるかの確率もグッと下がってしまうことに。。。

 

なので、パートナーが普段から安心して過ごせる自宅がオススメです。

 

ポイント

急に押し倒すのではなく、添い寝の状態からハグする

まずは、一緒に寝そべってハグして安心させてあげましょう。

セックスなのに押し倒したらダメなの?と思うかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

押し倒すのはやめましょう。

 

なぜなら女性はセこれからセックスするという事実だけでも、かなり緊張している状態です。

そこで急に押し倒してしまうと、さらに緊張を助長させることになり、セックスまでいくことができません。

 

添い寝してハグして落ち着かせる、そこからゆっくりキスなどに移りましょう。

 

ポイント

マッサージする

できればぬると体が温まるようなボディオイルを使ったマッサージが効果的です!

 

なぜボディオイルを使ったマッサージが効果的なのか、答えは簡単です!

 

ズバリ、血行促進作用でリラックスすることができるうえ、おまんこだけでなく、他の性感帯を探すことができるからです!

 

マッサージをすると体をほぐすことができて、血の巡りがよくなり緊張しているのを落ち着かせることができます。

また、全身に触れることができるので、反応の違いをしっかり見ることができて、新たな性感帯や開発できそうな場所を発見することもできます!

 

だからこそ、ボディオイルを使ったマッサージをしましょう!

 

 

大切なのは濡らすこと、慣らすこと

処女膜やセックスの前に準備するもの、緊張をほぐすことについてお伝えしてきました。

そして冒頭でもお伝えしましたが、

結論として、処女とセックスするときは、濡らすこと、慣らすこと、緊張をほぐしてあげることが何よりも重要です。

 

なぜなら、緊張したままだと濡れにくくなり、濡れていないまま、慣らさずにそのまま挿入してしまうと、女性のヒダがすれて傷がつき、想像を絶する痛みと出血を伴うからです。

 

つまり、濡らすこと、慣らすことは絶対条件です!

 

濡らすこと

濡らすことは大切です。

痛みをなくす、出血を防ぐために欠かせません。

 

濡れ方は個人によってだいぶ差があります。

キスしただけでびしょびしょに濡れる子もいれば、たくさん時間をかけてクンニしたり手マンしても少ししか濡れない子もいます。

 

ゼリーやジェルが付いたゴムだけでなく、意外と忘れがちなのがローションです。

ローションもしっかり使いましょう。少しサラサラしているものがオススメです!

あまりに粘性が強いとかたまりのようになるため、濡れているとは違う状態になり逆に滑りが悪くなる可能性があるからです。

 

慣らすこと

しっかり慣らすことも大切です。

なぜなら、慣らさないまま挿入すると、せっかく十分に濡らすことができたにもかかわらず、ほぼ確実に粘膜を傷つけて出血させることになるからです。

 

十分に濡らすことに成功したら、すぐに挿入や人差し指・中指などの太い指を突っ込むのではなく、小指の先から入れてみます。

小指の1本すら入らない場合、先ほどもお伝えしましたが、処女膜が厚い・硬いため、セックスすると女性が痛みと出血を起こすことになります。

 

小指を入れることができたら、とてもゆっくり抜き挿ししてみましょう。

それもできたら、1度指を抜いて薬指に変えてみます。

薬指が抜き差し出来たら、薬指を入れたままゆっくり中の膣壁を押してみます。

押すことができたらクリトリスや乳首を責めながら2本目の指を入れてみましょう。

そこから3本入ることができて、抜き挿ししても痛みや出血がなければ挿入に移ります。

 

女性を注意深く観察してあげましょう。

痛がる表情やしぐさが見られたり、声に少しでも現れていたらやめてあげてください。

 

挿入しても、きついかもしれませんが、すぐには動かないで待ってあげましょう。

その際にキスやハグをして撫でてあげてください。

女性は入れられた衝撃を逃すだけで精一杯です。

 

女性の膣は待ってあげると動いて、男性のモノを受け入れようと密着します。

男性のモノになじんでから動くのが〇です!

なじむまでに出血や痛みがなければ大成功です!

 

 

おさらい!処女とセックスする方法!

結論として、処女とセックスするときは、濡らすこと、慣らすこと、緊張をほぐしてあげることが何よりも重要です。

 

なぜなら、緊張したままだと濡れにくくなり、濡れていないまま、慣らさずにそのまま挿入してしまうと、女性のヒダがすれて傷がつき、想像を絶する痛みと出血を伴うからです。

 

処女膜とは、膣の入り口にあるやわらかい粘膜のヒダのことです。実際は処女膜は完全に覆われているのではなく、中央部に小さな穴が開いています。

セックスの時に出血するのは、処女膜のヒダの粘膜を傷つけることによって起こります。

処女の女性は、セックス=出血するし痛いと確実に思っています。

つまり、かなりの恐怖を抱いています。

せっかくリラックスさせてその気にさせることができて、気持ちよく感じて濡れてくれても、手マンや入れるときに痛みを感じたり、出血してしまえば、そこからは恐怖でトラウマになりかねません。

 

そのトラウマを生み出さないために、男性が配慮できることがあります。

 

ポイント

・爪を切って整える

・フェラなどはさせない

・照明は少し落とす

・ゴムはジェルやゼリー多めのもの、ローションの使用

・最後までできないことも頭にいれておく

 

いつも一緒にいるときより、多めのスキンシップを心がけましょう。

お互いに無理をしないことも大切な要素です。

お互いに最後までリラックスして幸せで、気持ちいい思い出に残る初体験にするために、たくさんのキスやハグは大切です。

抱きしめ合って、キスをして、たくさん言葉を交わしましょう。

 

不安や緊張が度を越えて恐怖になることもあります。

その不安や緊張を丁寧に取り除いてあげないとセックスは成功しません。

 

なぜなら、何度も書きますが女性は痛みと出血の恐怖と戦っています。

お互いに不安を残したままだったり緊張したままだと、落ち着いていれば成功していたかもしれないのに、緊張して焦るあまり無理をさせてしまうことになるかも知れません。

 

緊張をほぐしてリラックスしてセックスするために、できることがあります。

 

ポイント

・ラブホはなるべく使わない

・急に押し倒すのではなく、添い寝の状態からハグする

・マッサージする

・リラックスできる音楽やアロマ

・しがみつけるものをおいてあげる

 

濡らすことは大切です。

痛みをなくす、出血を防ぐために欠かせません。

 

ゼリーやジェルが付いたゴムだけでなく、意外と忘れがちなのがローションです。

ローションもしっかり使いましょう。少しサラサラしているものがオススメです!

あまりに粘性が強いとかたまりのようになるため、濡れているとは違う状態になり逆に滑りが悪くなる可能性があるからです。

 

しっかり慣らすことも大切です。

なぜなら、慣らさないまま挿入すると、せっかく十分に濡らすことができたにもかかわらず、ほぼ確実に粘膜を傷つけて出血させることになるからです。

 

十分に濡らすことに成功したら、すぐに挿入や人差し指・中指などの太い指を突っ込むのではなく、小指の先から入れてみます。

小指の1本すら入らない場合、処女膜が厚い・硬いため、セックスすると女性が痛みと出血を起こすことになります。

 

小指を入れることができたら、とてもゆっくり抜き挿ししてみましょう。

それもできたら、1度指を抜いて薬指に変えてみます。

薬指が抜き差し出来たら、薬指を入れたままゆっくり中の膣壁を押してみます。

押すことができたらクリトリスや乳首を責めながら2本目の指を入れてみましょう。

そこから3本入ることができて、抜き挿ししても痛みや出血がなければ挿入に移ります。

 

女性を注意深く観察してあげましょう。

痛がる表情やしぐさが見られたり、声に少しでも現れていたらやめてあげてください。

 

挿入しても、きついかもしれませんが、すぐには動かないで待ってあげましょう。

 

女性は入れられた衝撃を逃すだけで精一杯です。

 

女性の膣は待ってあげると動いて、男性のモノを受け入れようと密着します。

男性のモノになじんでから動くのが〇です!

なじむまでに出血や痛みがなければ大成功です!

 

いかがでしたか?

処女膜について、処女とのセックスについてご理解いただけたでしょうか?

 

たくさん気を付けることがあり、男性の負担が多いように感じるかもしれません。

わかります。大変に思えますよね。。。

でも、女性もあなたを受け入れようと不安や恐怖を乗り越えて、勇気を振り絞ってくれています。

 

セックスは二人で愛を確かめ合うもの。

セックスは二人で気持ち良くなるもの。

 

二人が無理をすることなく、愛にあふれた気持ちいい幸せな時間になるお手伝いができれば幸いです。

 

決定版
セフレも金も欲しい!女性におすすめな優良マッチングアプリ10選!

続きを見る

 

-性癖

© 2024 セフレと性癖解消ブログ Powered by AFFINGER5